東大即応オープン受験報告

生徒たちに東大即応オープンの受験報告を書いてもらいました!
受けた人はコメントに受験報告してくれれば一緒に記事にまとめますよ!
ぜひぜひ報告お願いします!!

ネタバレを多く含むのでまだ受けてない人は読まないようにしてください。
k君の受験報告
受験報告-1

H君の受験報告
受験報告-2

U君の受験報告
受験報告-3-1
受験報告-3-2

T君の受験報告
受験報告-4-1
受験報告-4-2

Hさんの受験報告
受験報告-5

Aさんの受験報告
受験報告-6-1
受験報告-6-2

I君の受験報告
受験報告-7

T君の受験報告
受験報告-8
スポンサーサイト

Comment

東大型テスト演習は結局どうなるんですかね
  • 2012/11/04 23:30
  • ななし
  • URL
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2012/11/05 04:19
東大即応OP数学
一問目

整数か!得意な分野だから解いちゃうぞ!

とりあえず二次関数と整数が絡んだ問題には解と係数が定石なので使う

五分後

方針が立たないオワタ

無駄に時間を費やしたが諦めて次の問題へ

二問目

確率+数列
誘導が丁寧なこともあり簡単だった。
大問としては今回のOPの数学の中では一番簡単だったのでは。

三問目

あー積分かぁ

とりあえずイメージ図を書く←この時点でミスっていた

その後積分区間も決まりいざ積分するが計算量が半端じゃなくなったため撤退

イメージをミスった時点で敗北は当たり前だったのだ

四問目

Ckの中心の座標および半径求まったものの、y=x/(n^2-1)^(1/2)という直線の式からして良い予感はしなかった。

一応円の式に代入してみてD>0でやろうとしたもののそんな計算出来るわけなくあえなく撤退。

まるで悪夢のようだった。

五問目


Rの座標は出たものの、異常に複雑な形として出てきたので間違えた事を確信、しかしどこで間違えたのかわからなかったため轟沈。

六問目

行列を見た瞬間引き返そうと思ったがよく見てみると(1)が簡単なことに気付き、2分で解答。
(2)からもただの計算問題だった。

…のに解けなかったのはなんでなんだぜ

解けていない癖にこんなこと言うのも生意気だが、行列の面白さが生かされていない問題だと思った。
東大の傾向に合わせるのいいがもうちょっとなんとかならなかったのか。
これでは直前期にもう一回やっても意味がない…


以上です。

それともう一つ。

7月ごろからYoutubeで佐治先生の数学解説動画を見ていました。
特に典型問題演習には非常にお世話になっております。
今でも2日に一回ペースで何かしらの動画を見させてもらっています。

いつかお礼を言おうと思っていました。

こんなついでの形になってしまい申し訳ありません。

ありがとうございます。





管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2012/11/06 00:17
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2012/11/06 00:42
受験報告
60点目標で挑みました

1問目

取り敢えず解と係数の関係だと思い書く。
しかし、次の手が思い浮かばない・・・
そのまま飛ばして次へ。

あとで解いてみたら簡単に解けました。
素数の約数なんて分かりやすい形に気づかなかったのは極めて不覚。


2問目

ぱっと見て、「解かなければ!」と思った。
設定が多少ややこしかったが、特に難しい処理もない。
答えをメモしていないので、正誤は不明だが、解けたはず。


3問目

最初に領域Tの式を作ってしまい、混乱して手が出ずじまい。

解答を見て簡単だったので驚いた。
原点中心に180度回転させるのは過去問で見たことあるが、此方の方が随分と易しい問題な気がする。


4問目

大筋については解けたが、ミスが複数出た。
(1)で勝手に「共有点を持つ」と勘違い+nが整数というところを見ていない
そのせいでガウス記号を使って(2)を解いてしまった。
(もしガウス記号を使うべき内容だったとしても、挟み撃ちなどをせずに独りよがりな近似を使っているので、記述力不足)


5問目

(1)は普通に解けたものの、勘違いから計算ミスを疑い、時間をロスした。
(2)は増減表を書いたはいいが、交わるかどうかの調べ方が分からない。
dy/dxを調べてみて、これまた独りよがりな大小比較により、交わると記述したが、結局交わる点は出せず、グラフを書いて次へ。


6問目

見て「よし、これで3つ目解ききることが出来る!」と思った。
(1)瞬殺
しかし、(2)で分からなくなる。
色々計算式を書いた末「行列の性質で解くだろうから、逆行列がないことを示す以外p、qの関係なんてない・・・ハズ・・・」と考えた。
背理法で書いたが示せず、(当たり前ですね、笑)取り敢えずq=-2/pと結論付けておく。
(3)は(1)からb=ka,d=kcと書けることを使うとは思ったが、(2)が出来ない状況だったので、そのことだけ書いて放置。

ここが取れなかったのが一番悔しい。
ただ解答を見ると行列というより整数の扱いについての問題だと思った。
東大の傾向でいえばもっと固有値系統や回転拡大変換などが出そうなものだと思いますが・・・


全体でいえばもっと取れたかと。
解きなおしてみれば、全部解けそうな問題です。
このような問題を解ききる力を付けることが課題ですね。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2012/11/11 00:05
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2012/11/11 00:06
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2012/11/11 20:36
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2012/11/11 20:45
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2012/11/12 15:14
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。