FC2ブログ

数学力曲線

数学力は勉強時間に比例しないとよく言われます。
指数関数的に成長する、という人もいますが受験数学に限れば次のような曲線になると思います。
数学力曲線
つまりある程度勉強しないと全然伸びず、ある日突然どんどん伸びるようになる(ここまでは指数関数的)。しかしある程度までいくと再び成長率はおち、ある程度のところで頭打ちになります(受験数学に限って言えば)。このような曲線の場合、勉強が進んでいる人と遅れている人では特に伸び始めに、つまり受験勉強が始まったばかりの時点で学力差が大きくなります。しかも成長率も勉強が進んでいる人のほうがよいので、同じ勉強量をしても勉強が遅れている人は引き離されているように感じてしまいます。これでは当然やる気がでません。それによって勉強時間そのものも差がついてしまい、ついには埋めがたい差が生まれてしまいます。

数学というのは厄介な科目ですね。ですから塾・予備校の先生は早くから勉強を始めろと口を酸っぱくして言うわけです。このような心理的なアドバンテージは受験を進める上で非常に大切になってくるからです。



とはいえ既に遅れをとってしまったと感じる人も少なくないでしょう。もちろんそのように感じている人は受験勉強そのものが非常に苦痛だと思います。勉強しても勉強しても引き離されるわけですから。しかしそのような人はここが踏ん張りどころです!もう少し粘れば成長率は追いつき、やがて逆転し、学力自体も追いついてくるのですから。あなたがこの苦しい試練に耐えたのなら、この受験は早くから準備して苦もなく合格した人に比べ、万倍の価値があるでしょう。人の価値はうまくことが運んでいるときにどう振る舞うかでなく、苦しいときにどう振る舞うかで決まってくると思います。頑張りましょう、来年の春の逆転を信じて。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。